【ワーホリの人必見!】クラウドワークスって知ってる?好きなことをしながら、隙間時間で仕事をしよう!

役立ち情報

暇な時間を使って、お仕事できたらいいなと思ったことはありませんか?

それなら、ネットで仕事ができるCrowdWorks(クラウドワークス) がぴったりです。今回は、私が実際に使っているクラウドワークスのお仕事についてご紹介します。

クラウドワークスとは

クラウドワークスとは、ネット上で仕事をしたい人と働いてくれる人を探している企業をつなげてくれるネットサイトです。

旅行をしながらお金をもらえたらいいなとか、パソコン操作得意だからネットで簡単にできる仕事をしたいなと思っている人にぴったりです。自分の隙間時間を使って、お仕事ができます。

今の時代はフリーランス!

フリーランスって言葉の意味を知っていますか?

フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。

Wikipediaより引用

企業に属さないからこそ自由度は高いですが、その分自分で努力することが重要になります。一人でも仕事頑張れるよっていう、自己モチベーションが高い人や、自分のスキルを売り出したい人におすすめです。

クラウドワークスをおすすめする理由

メリット1、隙間時間の活用

パソコンさえあればどこで仕事をしても構いません。出勤する必要がないからこそ、無駄な時間を使う必要もありません。

例えば、仕事が休みの日や仕事が早く終わった日の時間を活用したり、寝る前の1時間を仕事の時間にあてます。仕事内容にもよりますが、普段だらだら過ごしてしまいがちな時間を利用してお小遣い稼ぎができます。

メリット2、好きなこと+でできる

どんなおしゃれをしても、パソコンを使う仕事なので制限がありません。

私はカフェ巡りが大好きなので、新しいカフェに行って美味しいコーヒーを飲みながら、クラウドワークスを使って仕事をしています。好きなことにプラスして仕事ができるので、ストレスも溜まりにくいのでおすすめです。

極端に言ってしまえば、私は旅行をしながらクラウドワークスを使って仕事をしています。日本にいなくても、日本の会社からお金をもらうことができるんです。私のようなワーホリの人にもおすすめです。

メリット3、スキルの取得

大人になってから誰かに文章の書き方や日本語の表現方法などを訂正してもらえることってとっても有意義だなと思いませんか?

わたしは自分のブログを書く上でも、クラウドワークスでの仕事が役立っています。

情報収集の仕方や人に言葉を伝える方法なども学べますし、流行について調べることでお金がもらえるんです。

デメリットといえば?

特にデメリットだと思うことはありませんが、クラウドワークスだけの仕事に限定してしまうと、人との直接的な関わりや外に出ることが少なくなってしまいます。

なので、私はカフェの仕事と併用してクラウドワークスでお仕事をしています。

実際に、登録してみよう

1.ネットで「CrowdWorks(クラウドワークス) 」を検索!

2.サイトを開いて、「会員登録(無料)」をクリックします。

登録費は一切かかりません。仕事を始めて収入を得るようになると、収入の中から〇%という形でクラウドワークスにお金を支払います。

3.メールアドレスまたは、facebook/yahooID/Googleのどれかで登録します。

4.メールアドレスを入力すると、登録完了用のメールが送られてきます。送られてきたURLをクリックして、サイトに戻ります。

5.個人情報を入力する

(1)パスワード(半角英数字6~23文字)を決める。

(2)主な利用方法を選択→仕事を受注する人または、仕事を依頼する。

基本的にお金を稼ぎたい人は受注するを選びます。企業などで働き手を探している人は、依頼するを選びます。

(3)個人か法人化を選択

(4)氏名(フルネーム)

を入力すれば登録完了です。

クラウドワークスでの仕事探しの仕方

1.まずはログインして、上部の「仕事を探す」をクリックします。

2、キーワード入力して仕事を検索する

キーワード検索欄が出てきたら、自分の興味があることを検索してみましょう。

例えば、海外生活・美容やコスメ・英語翻訳・データ入力などなど。自分が自信のある分野の案件を探してみましょう。

3、興味がある案件をクリックして仕事の詳細を確認する

チェックすべきところは、稼働時間の決まりがあるのか(週に〇時間以上など)またどのような仕事なのか(データ入力作業、リライト、アンケート調査など)です。

自分の興味やライフスタイルに合った仕事を見つけましょう。

4、してみたい仕事を見つけたら、「応募画面へ」ボタンをクリック

募集条件をしっかり読んだ上で、応募したい場合は「応募画面へ」ボタンを押して、企業へのメッセージを入力しましょう。文章としては、自己紹介のようなものです。いかに短くわかりやすく自分のことを伝えるかを注意して書きましょう。

また、募集要項に、〇〇について書いてくださいなどの要件が提示されている場合がありますので、しっかり読み、それに従って書くようにしましょう。

5、企業からの返信を待つ

募集をしたら、あとは企業からの返事を待つのみです。はじめての人でもできる案件もたくさんあります。未経験者の人も募集しているサイトを探してみることをおすすめします。

一度仕事をして企業先から仕事の評価を得れば得るほど、他のお仕事をもらいやすくなります。自分でスキルアップをして、企業の人たちに求められる人になりましょう。

どんな仕事を選ぶべき?

仕事を選ぶ方法は2つあります。

・時給制
・単価

クラウドワークスに上がっている仕事を見てみると、様々な種類の案件がアップされています。

もし記事を書く案件だとしたら、1文字1円以上のものを選びます。例えば3000文字の記事を書くのに1文字1円なら3000円の報酬を得ることができます。

私は選ばない仕事の例

よく目にするのが、1文字0.1円の案件です。これは3000文字の記事を書いても、300円しかもらえないという計算です。自分が記事を書くのにどれだけの時間がかかるのか考えて仕事を選んでみましょう。

また、選んでしまいがちなのが「〇〇の感想文500文字54円」などの案件です。一見簡単そうなのですが、よく考えてみると同じく1文字0.1円の作業になります。

500文字の文章を書いて確認をするのに、少なくとも10分はかかります。10分で500文字かけたとしても、その会社がその文章を非承認にされてしまう場合があり、10分で54円または0円になってしまうのです。そんな小さな仕事をコツコツ重ねていくのはだいぶリスキーです。

私は単価が大きくて、企業の人としっかりコミュニケーションを取りながら進めていける仕事を選ぶことをおすすめします。

仕事に受かるための秘訣

興味を持ったものには、どんどん応募していきましょう。自分をアピールする自信にもなります。

また、同じ案件に応募している人たちのプロフィールを見ることができます。その人たちの経験欄の書き方や自分のアピールの仕方などを学ぶことも重要です。

最初は経歴がないので仕事探しが難しいかもしれませんが、時間をかけることで必ず見つかりますよ。

私のクラウドワークスでの体験談

仕事をしてきた詳細の会社名は規則で公開はできませんが、某有名女子のための情報サイトだったり、誕生日プレゼントのアイディアを考えるお仕事でした。

ファッションに興味がある人なら、自分が持っている情報を文章にするだけですし、わたしみたいに流行に疎くても、ネットサーフィンが好きなら、仕事に生かすことができます。

今こんなのが流行っているんだというのをまとめて、みんなに紹介する文章を書きます。みんなが、暇つぶしにさら~っと読んでいるようなそんなサイトです。

誕生日のプレゼントアイディアは、自分自身がプレゼントを考えるのがとっても好きだったため、自分の今までの経験を踏まえて記事を書くことができたので、とっても楽しかったのを覚えています。

初めてした仕事

私が初めてクラウドワークスの仕事をしたときは、1記事書くごとに3000円もらえる仕事でした。他の記事案件に比べると高単価のお仕事です。記事の内容から構成まですべて考え、修正をもらって1記事完成するのに1、2週間かかりました。隙間時間を使って作業しているので、1日1時間程度の稼働時間です。

多くて月に3記事書いていたので、1か月に1万円ほどもらっていました。何もなければぼーっとしている時間を使って、自分の得意なことや好きなことを記事にすることでお金をもらえることがとても魅力的でした。

現在進行中の仕事

今は、時給で記事をリライトする仕事をしています。文章を書くことは自分の好きなことだし、ちょっとした時間にパソコンをつけて、仕事をすることができるので、時間の有効活用ができています。

クラウドワークスでは、契約した会社の人に仕事の評価を付けてもらいます。仕事をするたび、自分の評価が増え、他の仕事を探しやすくなる仕組みです。最初の仕事で、記事を書く基本ツールのワードプレスの使い方や、簡単なリライト方法を学べたため、また条件のいい仕事を得ることができました。

私のクラウドワークスでの働き方

カフェ(フルタイム)週 35時間 
クラウドワークス  週 15時間

基本的には、週5日カフェで働いています。週2日の休みがあっても、カフェ巡りをしたり、散歩に行ったりするのが基本で、一日中遊んでるわけではないので、気が向いたときや時間ができたときに自分のブログの記事作成やクラウドワークスでのお仕事をしています。

クラウドワークスのお仕事は隙間時間の活用なので、毎日2時間くらいずつです。休みの日にまとめて稼働したりもします。

私の場合、月に換算すると40時間ほど稼働して3万円~5万円ほどもらえます。自分のスキルが上がればもらえる仕事も増え、質の良いものとなります。

もちろん、クラウドワークスをメインの仕事としているフリーランスの人たちは、一日中仕事をして月20万円ほどもらう人も少なくありません。

自分のライフスタイルに合わせてどんな仕事があっているのか見つけて仕事をしましょう。

まとめ

自分のキャリア形成のためにぜひ、CrowdWorks(クラウドワークス) を使ってみましょう。

私も最初は半信半疑でしたが、今ではなくてはならないものとなっています。経験者として、詳しく使い方も紹介できます。もっと詳しく知りたい場合は、お問い合わせ欄からのご連絡お待ちしています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました