【第1弾】イエローナイフにオーロラを観に行ってきました!私が参加したツアーの詳細、感想、費用を写真とともに紹介します

イエローナイフ

ずっと行きたかったイエローナイフ

2019年3月1日から4日の3泊4日で夢だったイエローナイフにオーロラを観に行ってきました。私が経験したツアーやイエローナイフでの体験内容をみなさんに、詳しく共有していきたいと思います。

波乱万丈?イエローナイフへの道

私は現在ワーホリ中でカナダのビクトリアに住んでいたので、ビクトリア空港から2回乗り換えてイエローナイフに飛ぶ予定でした。west jet という格安空港を使って、飛行機代は往復で495カナダドル(日本円で4万2千円ぐらい)でした。

しかし当日、飛行機にメンテナンスが必要という理由で遅れて待ち時間が発生。私は乗り継ぎが2回あったので、1つ遅れただけですべての乗り継ぎができなくなり、チケットを改めて予約しなおす羽目に。しかしすべて同じ会社の飛行機の乗り換えだったため、案内係の人と何度も話して追加費用はかからず飛行機を変えることができました。でも夕方の6時ごろに着く予定が夜の10時30分にイエローナイフに着くことになりました。

もともとイエローナイフ行きの便がとても少ないので、その日の内にに行けるだけでラッキーでした。1日でも1時間でもオーロラを観るチャンスを失いたくないという想いが強かったです。

ツアー会社の人へ遅れる旨を伝えると、飛行機がつく時間に迎えに来てツアーにも途中参加できると聞き、一安心。

私が参加したオーロラツアー

最高だったツアーガイドさん

the northern light tourという会社で、他の会社に比べると小さなツアー会社でした。3泊4日のツアーとホテル付で465カナダドル(日本円で4万円くらい)で他の会社に比べて格安でした。日本人向けのツアー会社ではないので、英語が使えれば参加できると思います。

ツアーに含まれるもの、確認すること

空港~ホテル間の送迎
オーロラ鑑賞ツアー
ホテル
ツアー中の温かい飲み物、スナック
写真撮影

ウィンタークローズ(+75ドル)
手袋、ブーツ、ジャケットとズボン

空港からホテルの送迎は必須だと思います。また別の記事で説明する予定ですが、イエローナイフは本当に小さな町で交通機関(バス等)が頻繁に走っていません。また飛行機が送れてしまうこともよくあるようなので、ツアー会社の人が時間に合わせて迎えに来てくれるのはとても助かりました。

ホテルは一番安い「Days Inn」というホテルにしましたが、部屋は十分きれいで広かったです。街の中になるので歩いて買い物もすぐに行ける距離でした。

あと、ツアーを予約する際に必ず確認してほしいのが、写真撮影です。自分でオーロラが撮影できる高度なカメラを持っている方はそれほど気にしなくていいかもしれませんが、持ってない人は携帯では全く写真は撮れません。私のツアーでは、一人のカメラマンがずっとオーロラの写真撮影をしてくれていて、その間で参加者が交代交代で写真を撮っていくスタイルでした。ツアーの間に撮った写真を帰りのバスでAir Dropで全部送ってくれます。他のツアー会社では写真撮影に別料金をとる会社もあるようなので気を付けてくださいね。

そして私はウィンタークローズをレンタルしました。一枚温かいダウンジャケットを持っていたのですが、30度には全く歯が立ちません。イエローナイフについてジーパン一枚で外に出たのですが、寒さが肌に刺さるような痛さでした。レンタルした服はきれいで、温かかったし、わざわざ重たいジャケットやブーツを持っていく必要がないのでレンタルが便利だなと思いました。

【ツアー1日目】飛行機が遅れ途中参加

イエローナイフの空港にはおっきなシロクマの像が待っていました

1日目、22時30分にイエローナイフ空港に着きました。ツアーの人が空港まで迎えにきてくれていたので、そのまま大きなトラックに乗ってツアーを実施しているところまで連れてってくれました。飛行機が遅れることはよくあるということでした。街灯のない真っ暗な道をただひたすら走っている途中で「ほら、オーロラ見えるよ」と言って車を止めてみんなで車外に出ました。真っ暗な空に見えるのは白くてうっすらしている雲のようなものだったので、私が不思議な顔をしていると、「オーロラは緑色だと思ってた?緑色はカメラを通さないと観れないんだよ。」と言われました。え?テレビで見てたのは濃い緑で、カーテンみたいで、色があって綺麗で…想像していたのと全然違って、私はわざわざカナダの北まで来てこんなものを見に来たの?と思いながらものすごくショックを受けました。

20分ほど走ってやっとツアーの場所について、ウインタークローズに着替えて、いざツアーに参加。雪が積もった林の中を抜けると、真っ暗で何もない場所が広がっていました。真ん中にテントが張ってあって、ツアー参加者が中で暖まっていました。外の気温は⁻30度で、体感温度は‐40度。鼻や口にある水分が呼吸をする一瞬で凍ってしまう感覚で、ただただ寒くて仕方なかったです。

ツアーの人と話していると、ここが凍った湖の上ということを知りました。外に出ると辺り一面には何もなく、その先は木々で囲まれています。周りは真っ暗で私たちのツアーグループ10人以外に誰もいない場所でした。外に5分ほどいるだけで、寒さで手足が痛くなっていしまうのでテントの中に入って温まっては外に出てオーロラを観ていました。

テントの中では薪を組んで火を焚いて、その上で生姜醤油味のチキンを焼いていました。寒い中で食べるチキン、凍えながら飲むココアが身に沁みました。外に出て何度か写真撮ってもらったけど、寒さに全く慣れることができず、思うように外にいることができませんでした。初めて見るオーロラは、想像したものと少し違ったけど幻想的で楽しむことができました。

ツアーが終わったのは2時前で、ホテル帰り着いてそのまま就寝。

【ツアー2日目】全く観れず寒さに震えた日

2日目は、いくつかのホテルにツアー参加者を迎えに行っている途中で巨大なオーロラが一瞬だけ出現。暗い場所を見つけてオーロラ撮影しました。1日目初めてみたうっすらとしたオーロラとは違い、ほのかにピンクで力強いオーロラを初めて観て感動しました。しかしその後、ぼやけたオーロラしか見ることができませんでした。ツアーの間ずっとバスで待機をしなければならず、寒すぎてほとんど外に出ませんでした。1日目に見たオーロラより素敵なものが全く見えず、1日目のオーロラが当たり前じゃなかったんだと気付きました。オーロラが見えなくてもツアーは夜中の2時までオーロラを追い続けます。全くオーロラを観れない上に、5時間寒いバスの中にいるのはただただ辛かったです。私は1日目で少し疲れていたのもあり、バスの中でひたすら寝ていました。2時過ぎに帰り着いて就寝。これが最終日じゃなくてよかった…。

【ツアー3日目】一番素敵な空に出逢えた日

毎日同じようにツアーが夜9時から始まります。オーロラが見え次第、撮影スポットを見つけて車を止めて撮影していきます。今日観えたオーロラは3日間の中で格段に違うレベルでした。カメラを通さなくても、自分の目で見える緑色に加えてピンクも混ざり、上から降り注ぐカーテンが踊っているように動いているんです。色がすごく濃くって、ツアー参加者やガイドさんまでも声を出して驚いていました。

テレビで見たことがあるような、力強くて大きくてピンクががっててゆらゆら揺れてるオーロラ。私は、「これが観たかったんだ!」と本当に感動し、この瞬間を逃さないようにと自分の目で夜空に輝いているオーロラを観ていました。オーロラの状態は1秒1秒で姿かたちを変えていきます。だから、もう一度同じものを観たいと思っても観れないんです。オーロラを観に来る人達はその姿に魅了されるんだと思います。

今日も湖の上に移動してオーロラ鑑賞。湖の上の寒さをこの3日間通してわかったので、体中にホッカイロを貼ってたくさん厚着して挑みました。

もう明日にはこのきれいな空が見れないのかと思うと寂しくて仕方なくって、空には雲ひとつなくて落ちてきそうなほど星がたくさん見えました。

凍った湖の上に一人で寝て、空いっぱいの星を眺めます。オーロラがゆっくりと揺れていてとても幻想的で、その綺麗な空に流れ星が見えます。周りは静かで、テントから火が燃える薪の音だけが聞こえます。冷える気候の中たくさんの服を着て暖かくして1人で見上げる夜空、言葉では言い表せない素敵さ。ついに夢が叶ったんだ!と思ったり、いやこれはまだ夢みてるのかな?って思ったりずっと感動していました。

最終日に本当にきれいなオーロラを観ることができて大大大満足でした。

使った費用合計

□飛行機代往復 495ドル
□ツアーとホテル(3泊4日分) 465ドル
□犬ぞり 125ドル
□スノーモービル 85ドル

□食事 1日30ドルほど×4

合計 1290ドル(日本円で11万円ほど)

日本の旅行会社でイエローナイフのツアーを検索すると5日間のツアーで26万円~32万円と書いてありました。私はいつも安くで行ける方法を探しているので(笑)もし英語が少しでも話せるならもっと安くで済む方法はたくさんあると思います。(お金がある人には、もちろん関係ない話です。笑)イエローナイフで日中何もすることがなかったので、私は犬ぞりとスノーモービル体験をしました。こちらについてはまた別の記事で!

イエローナイフに行ってみた感想

オーロラを自分の目でしっかり見ることができて大満足の旅でした。でも日本から何十万もかけてイエローナイフに行って、ついでにカナダも満喫したいと思うのであれば、イエローナイフの町に全く活気がなくて観光には向かないので個人的にはおすすめしません。カナダの雰囲気を楽しめる街ではなったので、カナダを楽しむにはほかの場所に行くことをおすすめします。でも本当に観たかったオーロラを観ることができたし、参加したツアーに大満足だったので、オーロラを観たいという気持ち一心であれば人生で一度行ってみる価値あるかもしれません。オーロラを観れるか観れないかはすべて運次第だから一言では言い切れませんが…。

また別の記事で、イエローナイフの町の様子、おすすめのレストランや、犬ぞりとスノーモービル体験について少しずつ書いていきますので、こうご期待♡

2020年のイエローナイフツアーに興味があるならこちら>>>2020年【イエローナイフ・オーロラツアー】を比較!実体験をもとにツアーの選び方を紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました